地元川崎の個性派ブルワリー、風上麦酒!

2017年11月新規お取り扱い!
川崎のクラフトビール。
地元幸区南加瀬、
当店から一番近い醸造所
「風上麦酒製造」

約1年4ヶ月前に出来た風上麦酒、
元講師という異色の経歴を持つ
代表兼醸造家 田上 達史さん
「アロマが強いビールを飲みたいと思っている人たちがいる、
しっかりとしたアロマが香るビールを造りたい!」
その言葉通りインパクトのある唯一無二のアロマが特徴。
強烈で印象的な香りは中毒性があります。
製造は原料の手配から醸造、瓶詰め、ラベル張りなど全て一人でおこないます。

先日、風上麦酒製造にお邪魔しました。
マンションの1Fにある醸造所は
とても外からではビールを造っているようには見えません。
中に入ると手作りの器具が機能的に配置されています。


砕いた麦芽を煮て麦汁を作ります。

ギラギラに光ったドラム缶使用の手作りタンク


アツアツの麦汁を急速冷却する道具

ホースの中に金属の管を通してあります。
管に麦汁を流して覆っているホースに冷水を通して冷やします。
30℃は雑菌が活発に動く為、酵母が強い温度帯20℃ぐらいまで一気に冷却します。


立派な業務用の冷蔵庫があります。
温度管理はビールでも日本酒でも大事ですね。


この発酵用の青タンクは薬品用のタンクを使用しています。
発酵はタンクが3つも入る冷凍庫を使用。
(冷凍庫の写真はありません、ごめんなさい!)
冷凍庫は温度管理が簡単にできるそうです。
発酵は22℃で10日、澱引きは0℃で3日。
風上麦酒は澱を完全に除去する為、
糖類を添加する瓶内二次発酵はやりません。
炭酸ガス注入で泡を作ります。

ガスを保ったまま瓶詰をしなければいけないので
圧力をかけながら炭酸を逃がさない特殊なノズルを使います。
その方法はゆっくり瓶に詰める事しかできない為、
瓶ビールを造る事は大変な手間を使う作業で
途方もない時間が必要となります。

田上さんの想いと沢山の労力を注ぎ込んだビール4種類です。

まず名前がかっこよすぎる!
まさにヨーロッパの絵画の様な名前。
田上さんの世界観が詰まったビール。

左から
【黒】風上麦酒 無意識の承認 330ml 556円(税別)
ボディの強いポーターにクローブを効かせた風上麦酒のフラグシップ。
大胆で強烈なアロマと重厚な旨みが口の中に広がります。
薬草の様な癖になる香りがたまりません。

【黄】風上麦酒 慢性的賛歌 330ml 556円(税別)
強いモルトの味わいをジンジャーの香味で全体を引き締めます。
スパイスのアロマと花のアロマが複雑に絡み合います。
甘い食べ物が欲しくなる刺激があります。

【緑】風上麦酒 崇高な侵略者 330ml 556円(税別)
みかんの様な爽やかな香りとホップの苦味がしっかり効いたIPA。
香りの後に旨味が追いかけてきます。
苦味と旨みの調和が楽しめます。

【赤】風上麦酒 月下の願い 330ml 556円(税別)
高貴な甘いアロマとジャスミンの様な爽やかなアロマのハーモニー。
アンチエイジング効果で注目の月桃を使用。
スッキリしてるが艶のある甘味が美味しいです。

ワイングラスの方が香りを楽しめる!
普通のビールグラスより口に入れる量が少なくなるので
ゆっくり味わって飲める為、味と香りの変化が楽しめるのでオススメ。


スパイスが効いた料理と相性が良く、
飲んでみると冷えている状態より、
12℃ぐらいに温度が上がると
ビール全体のバランスが良く味わえます。

「これが同じビールか?」と思うぐらい
強烈なインパクトのある香りを楽しめる
風上麦酒を是非試してみてください!
はまっちゃう人、続出かもしれません!!

たけくま酒店
かさはら